• 2017年08月08日

豊島支部9月例会のご案内

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

明るい「失敗」
~弁護士が経営体験から語る行き詰まりからの脱出法~

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

報告者 原 和良氏
弁護士法人パートナーズ法律事務所 代表弁護士
豊島支部元支部長
東京同友会国際ビジネス支援部会長

(略歴)
1963年生まれ。1995年東京弁護士会登録(司法研修所47期)。
過去には、映画『それでもボクはやってない』のモデル事件の一つとなった痴漢えん罪事件の弁護人を務める。
中小企業の法律・経営問題、海外進出の援助、若手弁護士の指導・育成などに力を注ぐ。
(一社)弁護士業務研究所代表理事。東京中小企業家同友会理事。
著書に『弁護士研修ノート 相談・受任~報酬請求 課題解決プログラム』(レクシスネクシス・ジャパン、2013年)他がある。

人生は「失敗」の連続である。とりわけ、経営者は、内外の難題に日々ぶちあたりながら格闘し、
それを乗り越えていかなければならない宿命にある。本例会では、9月に同タイトルの出版を予定している弁護士の原和良氏に
、22年間、弁護士として見てきたクライアントの苦悩とその克服のエピソードも踏まえ、
原氏自身の経営体験と経営者としての生き方、中小企業家同友会との出会いを語ってもらう。

日時 2017年9月26日(火) 18:30~21:00

場所 豊島区生活産業プラザ
3F 大会議室
豊島区東池袋1丁目20-15 03-5992-7011
池袋駅東口徒歩5分
会費 1,000円
※ 二次会(懇親会)は参加費実費

お問い合わせ・申し込み先 事務局・佐藤
電話 3261-7201 satou@tokyo.doyu.jp

例会広告
WEB申し込み

  • 2017年07月25日

後援:東京中小企業家同友会多様な働き方推進委員会
協力:パラスポーツ応援プロジェクト
日時:2017年7月3日(月) 18:30~21:00
場所:豊島区生活産業プラザ8F 多目的ホール
報告者:水原 由明氏 公益社団法人日本障がい者スポーツ協会 スポーツ推進部長
IMG_4740
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

2020パラリンピックに向けての第一歩
~まず私ができること~

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
(略歴)1953年11月生れ 都立志村高校卒 順天堂大学卒
中伊豆リハビリテーションセンター、東京都重度身体障がい者援護施設、
東京都多摩障害者スポーツセンター、民間のスポーツクラブ等様々なスポーツの現場で
障がい者スポーツ指導を経験。2002年 車椅子バスケット世界選手権大会全日本女子ヘッドコーチ、
2004年 アテネ・パラリンピック大会全日本女子ヘッドコーチ

2020年の東京オリンピック・パラリンピックが3年後に迫っています!
せっかくなら一緒に盛り上げたい。自社でも何か協力したい。といっても、公式スポンサーでもないし、実際に何かできることってあるの…?

これまで、豊島支部では、有志企画としてパラスポーツ応援プロジェクトを立ち上げるなど、障がい者スポーツの応援に力を入れてきましたが、まだまだ、一般の会員にとって、障がい者スポーツはなじみの薄いものではないでしょうか。

そこで、今回は、長年、パラリンピックにかかわり、障がい者スポーツの普及に活躍されてきた水原由明氏をお招きし、そもそも、障がいってなあに? 障がい者スポーツってどんなことするの? なんでスポーツをしているの?といった素朴な疑問から、障がい者スポーツの魅力、障がい者スポーツを取り巻く環境、どんな協力の仕方があるのかについてお話を頂きます。

障がい者スポーツの魅力を実感して頂くとともに、自分でもできる、自社でもできる協力の仕方、パラリンピックへの参加について考えます。

IMG_4757

参加された方々からはとても満足の出来る例会だったとの感想が多く寄せられました。

・豊島支部への参加は初めてでしたが、ありがとうございました。
・パラサポに向け、様々な活動が広がる可能性を感じました。
・討論テーマが難しく苦労しました。
・スポーツ庁の人がグループにおり勉強になった。
・様々な視点から討論できた。
・会社として取り組んでいる企業の多さを知りました。
・なかなか知る機会の少ない「現場の声」「情報」を聞くことができました。
・実際に視覚障害でマラソンをしている方がグループにいてその話が興味深かった。
・グループは当事者半分、企業の方半分だったので双方の話ができ充実していた。
・初めての参加にも関わらず、フランクに楽しい会話ができ、うれしかった。

みなさん、次回への参加をお待ちしています。

  • 2017年06月23日

7月例会のご案内

後援:東京中小企業家同友会多様な働き方推進委員会
協力:パラスポーツ応援プロジェクト

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

2020パラリンピックに向けての第一歩
~まず私ができること~

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

報告者 水原 由明氏
公益社団法人日本障がい者スポーツ協会
スポーツ推進部長

(略歴)1953年11月生れ 都立志村高校卒 順天堂大学卒
中伊豆リハビリテーションセンター、東京都重度身体障がい者援護施設、
東京都多摩障害者スポーツセンター、民間のスポーツクラブ等様々なスポーツの現場で
障がい者スポーツ指導を経験。2002年 車椅子バスケット世界選手権大会全日本女子ヘッドコーチ、
2004年 アテネ・パラリンピック大会全日本女子ヘッドコーチ

2020年の東京オリンピック・パラリンピックが3年後に迫っています!
せっかくなら一緒に盛り上げたい。自社でも何か協力したい。といっても、公式スポンサーでもないし、実際に何かできることってあるの…?

これまで、豊島支部では、有志企画としてパラスポーツ応援プロジェクトを立ち上げるなど、障がい者スポーツの応援に力を入れてきましたが、まだまだ、一般の会員にとって、障がい者スポーツはなじみの薄いものではないでしょうか。

そこで、今回は、長年、パラリンピックにかかわり、障がい者スポーツの普及に活躍されてきた水原由明氏をお招きし、そもそも、障がいってなあに? 障がい者スポーツってどんなことするの? なんでスポーツをしているの?といった素朴な疑問から、障がい者スポーツの魅力、障がい者スポーツを取り巻く環境、どんな協力の仕方があるのかについてお話を頂きます。

障がい者スポーツの魅力を実感して頂くとともに、自分でもできる、自社でもできる協力の仕方、パラリンピックへの参加について考えます。

日時 2017年7月3日(月) 18:30~21:00

場所 豊島区生活産業プラザ
   8F 多目的ホール
   豊島区東池袋1丁目20-15 03-5992-7011
   池袋駅東口徒歩5分
会費 1,000円
   ※ 二次会(懇親会)は参加費実費

お問い合わせ・申し込み先 事務局・佐藤
   電話 3261-7201 satou@tokyo.doyu.jp

例会広告
WEB申し込み

  • 2017年05月24日

日時:2017年5月23日(火) 18:30~21:00
場所:豊島区生活産業プラザ
報告者:水登 健介氏 (株)ローヤルエンジニアリング 常務取締役 豊島支部
IMG_6051
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

同友会的人づくり進行中!
~幹部社員の役割と社員の育て方大公開~

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

略歴:1974年10月10日生まれ
   1995年4月株式会社ローヤルエンジニアリング入社
   2003年7月グループ会社株式会社DAIEIリペアに移動

有能な社員として社長に認められた水登さんは、33歳の若さで関連会社の責任者に抜擢されます。
会社経営=売上アップとがむしゃらに頑張り売上はアップしたものの、社員は次々に辞め疲弊していきました。
社長との話し合いや同友会の例会・研修に参加する中、会社経営の根幹として「人を生かす経営」に目覚めた水登さんは社員の成長を支援するしくみを構築し、社員と共に成長する会社に舵を切りました。
その結果社員の定着率は飛躍的に向上し業績もアップしていきます。
この報告では人材育成に様々な工夫を凝らし、働きやすい環境づくりの取り組みを披露してもらいます。
皆様ぜひ例会に参加し実践してください。
IMG_6058

2017年5月例会は、株式会社ローヤルエンジニアリング常務取締役の水登健介さんにご登壇いただき「同友会的人づくり進行中!~幹部社員の役割と社員の育て方大公開~」と題して、社員全員参加型で取り組んでいる「働きやすい環境づくり」についてお話しいただきました。年次キャリアに応じてスキルアップの目標を定めたマイスタープランや、社員全員が7つのグループに分かれて活動する「小集団活動」など、ローヤルエンジニアリングさんの取り組む「働きやすい環境づくり」には、オリジナルの工夫がちりばめられています。経営者が決めたルールではなく、社員が自分のこととして知恵を絞りトライアンドエラーを繰り返してこそ工夫は生きる。それを感じるお話に、50人を超える参加者の皆さんは興味深々のご様子でした。

参加された方々からはとても満足の出来る例会だったとの感想が多く寄せられました。

・全員参加で、小グループを利用したリーダーづくりは、見倣いたい。
・グループ討論がとても良かった。
・他社の取り組みの意見がとても参考となりました。
・挙手で質問をあおるのではなく、アンケート制にすることで無駄な時間を無くしていたり、工夫が多く学びやすい環境であった。
・残業を減らすための努力について各社の取り組みをきくことができ、とても参考となりました。

みなさん、次回への参加をお待ちしています。

  • 2017年05月17日

日時 2017年4月25日(火) 18:00~21:00
場所 大正大学鴨台食堂

第1部 総会議事 18:00~18:30
IMG_4023
高野区長にも来賓としてご出席いただき、支部総会が行われました。
丸山支部長の挨拶から始まり、幹事長の齋藤さんが議長をつとめ、活動方針・予算などが承認されました。
行政への福祉機器の贈呈式もとり行われました。

第2部 記念講演 18:35~19:40
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

「ボッチャの魅力と、
パラスポーツが100倍楽しくなる方法」

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
豊島支部では、良い会社をつくろう、良い経営者になろう、良い経営環境をつくるという3つの目的を持って、障害者スポーツを通して共に学ぶ総会を企画しました。今回は、ボッチャがテーマです。様々な困難を乗り越えて行われる、障害者を通して私たち経営者が、3つの目的の実践をしていく機会といたします。

ボッチャ(Boccia)とは?
ボッチャは、ヨーロッパで生まれた障害者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。
白いボールに、赤・青6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。
IMG_4052
海沼理佐様から、ボッチャという競技の紹介、そして北京でのパラリンピックに出場したときの思い出など、お話しいただきました。
世界で戦う難しさと楽しさを感じました。
IMG_4077
佐藤敏英様からは、マイナーな競技をメジャーにしていくためのこれまでの努力など、お話しいただきました。
SNSの効果的な利用など、費用をあまり使わずに、チームを率いてきた苦労を感じました。
海沼様には、最後には、デモンストレーションで、ボールの上にボールを乗せる大技を一発で決めてみせていただき、精神力の強さも感じました。

第3部 懇親会 19:45~21:00
海沼様、佐藤様にも懇親会に残っていただき、楽しい懇親会となりました。
大正大学の鴨台食堂は、プリンスホテルが運営するきれいな食堂で、来年もこの場所がいいのではないかという意見が寄せられました。
海沼様は、車椅子なのに、自動車を運転して帰られ、感じることの多い1日となりました。

  • 2017年04月21日

5月豊島支部例会のご案内です。
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

同友会的人づくり進行中!
~幹部社員の役割と社員の育て方大公開~

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

報告者 水登 健介氏
(株)ローヤルエンジニアリング
 常務取締役 豊島支部

略歴:1974年10月10日生まれ
   1995年4月株式会社ローヤルエンジニアリング入社
   2003年7月グループ会社株式会社DAIEIリペアに移動

有能な社員として社長に認められた水登さんは、33歳の若さで関連会社の責任者に抜擢されます。
会社経営=売上アップとがむしゃらに頑張り売上はアップしたものの、社員は次々に辞め疲弊していきました。
社長との話し合いや同友会の例会・研修に参加する中、会社経営の根幹として「人を生かす経営」に目覚めた水登さんは社員の成長を支援するしくみを構築し、社員と共に成長する会社に舵を切りました。
その結果社員の定着率は飛躍的に向上し業績もアップしていきます。
この報告では人材育成に様々な工夫を凝らし、働きやすい環境づくりの取り組みを披露してもらいます。
皆様ぜひ例会に参加し実践してください。

日時 2017年5月23日(火) 18:30~21:00

場所 豊島区生活産業プラザ
   8F 多目的ホール
   豊島区東池袋1丁目20-15 03-5992-7011
   池袋駅東口徒歩5分
会費 1,000円
   ※ 二次会(懇親会)は参加費実費

お問い合わせ・申し込み先
事務局・佐藤
電話 3261-7201

例会広告
WEB申し込み

  • 2017年03月30日

日時 2017年3月28日(火) 18:30~21:00
場所 豊島区生活産業プラザ8F 多目的ホール
講師 池上 里恵氏(ファッションライフコーチ)
ビューティコンサルティング凛 代表  豊島支部
IMG_3302
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

第一印象で勝つ・選ばれる!!
~仕事で成功するために、
 あなたの外見づくりの秘訣を伝授します!~

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
【講師略歴】
都市銀行に勤務後、1998年ヘアーメイクアップアーティストを志し、ブライダルや舞台オペラ等にてヘアーメイクを担当。その後イメージコンサルタントとして活動。2012年独立、ビューティコンサルティング凛を創業。18年間で2,400人以上の【外見コンプレックス】を解消。【外見を変えるだけで生涯年収4,000万円UP!!】をコンセプトに仕事で成功する外見づくりをサポート。
仕事で求められる外見と自分の好きな外見はイコールではなく、職業のイメージに合った外見も必要なため、着こなし技術やヘアーメイクアップテクニックを通じ、40代以降の人生をより輝いて過ごすための【自分軸作り】のサポートを行っている。

会って3秒で決まるあなたの印象。
人は、出会った人のこと人の内面を、たった3秒の第一印象で瞬時に判断すると言われています。
あなたの第一印象、どのように見られているでしょうか?
特に、経営者として・社会人として、信頼感を勝ち取れる外見をしているでしょうか?
もちろん仕事においては内面が大切ですが、内面が分かるまでは時間がかかります。
「経営者のための・仕事で成功するための」外見づくりの秘訣を、パーソナルカラーの活用の視点も含め、多くの実例やワークを取り入れながら伝授します。

IMG_3277

2017年3月例会は、昨年豊島支部に入会されたビューティコンサルティング凛 代表の池上里恵さんに、「第一印象で勝つ・選ばれる‼」と題して、仕事で成功するための外見作りの秘訣について語って頂きました。

誰もが興味があり、気になる分野のお話ということで、普段より女性比率が高い50名近い方に参加いただき、華やかな雰囲気の例会となりました。
第一印象や仕事にふさわしい外見の重要性を、具体的で興味深い事例の紹介などを通じて、あらためて認識することが出来ました。また、パーソナルカラー診断のワーク等を通じて、参加者それぞれが自分に似合う色調や素材感が分かり、今後のファッションライフのヒントが得られたのではないかと思います。

参加された方々からはとても満足の出来る例会だったとの感想が多く寄せられました。

・素晴らしい講演でした。組み立て方やお話しの仕方、聞きやすいお声と話し方でした。今度カラー診断を受けたい。
・「経営」の話がもう少し聞きたかった。
・タイトルの意味がわかりました。自分で診断してみて、話を聞いて、とてもためになりました。
・何気なく選んでいる色が自分に合った色のようで納得しました、
・外見の大切さを再認識しました。気にしてコーディネイトしたい。
・パーソナルカラーの考え方がよくわかった。
・自分に合った色やスタイルがわかるとても勉強になる例会でした。
・さらに新しい情報があり勉強になりました。
・無意識から意識へ変えることの重要性をしりました。
・質問に答えるというアプローチはよかったと思います。講義・体験のバランスも良い。

みなさん、次回への参加をお待ちしています。

  • 2017年03月24日

4月豊島支部総会のご案内です。
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

「ボッチャの魅力と、
パラスポーツが100倍楽しくなる方法」

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

報告者 佐藤 勝枝氏
東京ボッチャ競技会 副会長
その他登壇予定

豊島支部では、良い会社をつくろう、良い経営者になろう、良い経営環境をつくるという3つの目的を持って、障害者スポーツを通して共に学ぶ総会を企画しました。今回は、ボッチャがテーマです。様々な困難を乗り越えて行われる、障害者を通して私たち経営者が、3つの目的の実践をしていく機会といたします。

ボッチャ(Boccia)とは?
ボッチャは、ヨーロッパで生まれた障害者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。
白いボールに、赤・青6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います

■日程:4月25日(火)

■会場:大正大学鴨台食堂
  〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨
3丁目20番1号 大正大学5号館8階

■会費:
講演のみ  1,000円
講演・懇親会 5,000円
※懇親会のみの場合も5,000円です

■スケジュール 受付開始17:45より
第1部 総会議事(18:00~18:25)
第2部 記念講演(18:30~19:40)
第3部 懇親会 (19:45~21:00)

■お問合せ(事務局・佐藤)TEL3261-7201

例会広告
WEB申し込み

  • 2017年02月28日

日時 2017年2月23日(木) 18:30~21:00
場所 豊島区生活産業プラザ5F 501会議室
報告者 望月 優氏(株)アメディア 代表取締役 豊島支部元東京同友会障害者委員会委員長
IMG_3658
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

社員はなぜ目の見えない社長についてくるのか?
~全盲社長27年の軌跡~

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

■1958年静岡市生まれ 幼少期に失明 筑波大学付属盲学校 麗澤大学ドイツ語学科
国立職業リハビリテーションセンター電子計算機課を経て1987年創業
2002年同友会入会
■株式会社 アメディア 代表取締役 http://www.amedia.co.jp/

幼少期に失明した望月さんは、大学卒業後、高校で非常勤として働き始めます。
職員会議資料がガリ版刷りからコンピュータによるプリンタ印刷に変わったことに気づいた望月氏はコンピュータの可能性を直感し、退職。職業訓練校でプログラミングを学び「視覚障碍者の情報環境改善」を使命に障碍者の視覚情報改善機器の製造販売事業会社を設立します。
一向に安定しない会社運営の中、経営の勉強の必要性を痛感していた時、同友会と知り合い入会します。
以後様々な経営の勉強をし、社長自らの自己変革と会社の変革を進め、社員と共に良い会社づくりを進めている望月氏。以前は穏やかな自分ではなかった、変わってきたと微笑みます。社長自らの自己変革と会社の変革を存分にお話し頂きます。

IMG_3668

参加された方々からはとても満足の出来る例会だったとの感想が多く寄せられました。

・学ぶことが大変多くありました。70%の自己肯定感という話が心に残りました。
・リーダーとしてやらなければならない情報を改めて考えさせられるお話しでした。
・経営者としてどう社員を育てるか、考えることができました。
・会社の中での社長の姿が見えてきた。社員の心のエネルギーをプラスにしたいと思いました。
・人としてどうあるべきかという観点で、良いお話を頂きました。望月さんのエネルギーを感じました。
・人として尊敬できる方だと一番に感じました。内容は、今後の経営に参考とし、一部取り入れていきたい。
・社長の理念をぐらつかせない様にしなければと感じた。
・東京出張の際には、参加させてください。

みなさん、次回への参加をお待ちしています。

  • 2017年02月24日

3月例会のご案内です。
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

第一印象で勝つ・選ばれる!!
~仕事で成功するために、
 あなたの外見づくりの秘訣を伝授します!~

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

講師:池上 里恵氏(ファッションライフコーチ)
ビューティコンサルティング凛 代表  豊島支部

【講師略歴】
都市銀行に勤務後、1998年ヘアーメイクアップアーティストを志し、ブライダルや舞台オペラ等にてヘアーメイクを担当。その後イメージコンサルタントとして活動。2012年独立、ビューティコンサルティング凛を創業。18年間で2,400人以上の【外見コンプレックス】を解消。【外見を変えるだけで生涯年収4,000万円UP!!】をコンセプトに仕事で成功する外見づくりをサポート。
仕事で求められる外見と自分の好きな外見はイコールではなく、職業のイメージに合った外見も必要なため、着こなし技術やヘアーメイクアップテクニックを通じ、40代以降の人生をより輝いて過ごすための【自分軸作り】のサポートを行っている。

会って3秒で決まるあなたの印象。
人は、出会った人のこと人の内面を、たった3秒の第一印象で瞬時に判断すると言われています。
あなたの第一印象、どのように見られているでしょうか?
特に、経営者として・社会人として、信頼感を勝ち取れる外見をしているでしょうか?
もちろん仕事においては内面が大切ですが、内面が分かるまでは時間がかかります。
「経営者のための・仕事で成功するための」外見づくりの秘訣を、パーソナルカラーの活用の視点も含め、多くの実例やワークを取り入れながら伝授します。

日時 2017年3月28日(火) 18:30~21:00

場所 豊島区生活産業プラザ8F 多目的ホール
   豊島区東池袋1丁目20-15 03-5992-7011
   池袋駅東口徒歩5分
会費 1,000円
   ※ 二次会(懇親会)は参加費実費

お問い合わせ・申し込み先 事務局・佐藤
   電話 3261-7201 satou@tokyo.doyu.jp

例会広告
WEB申し込み