同友会とは


中小企業家同友会(中同協)とは

1.中同協の概要

中小企業家同友会全国協議会(中同協)は、全国都道府県の中小企業家同友会による協議体です。
 
中小企業家同友会の創立 1957年4月26日
日本中小企業家同友会(現東京中小企業家同友会)として東京で創立
全国協議会の結成 1969年11月17日
5同友会(東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川)、会員数700名弱で結成
会長 鋤柄 修(株)エステム 会長
2012年11月現在 加盟企業数
47都道府県 会員41,000企業経営者
平均企業規模・従業員数30名・資本金1,500万円
 

2.同友会の性格

同友会は、任意団体であり中小企業家が自主的に参加し、手作りの運営を心がけ、中小企業家のあらゆる要望に応えて活動するという特色があります。

また、同友会は、考え方や、社会的立場、業種、企業規模にとらわれず、大いに見聞をひろめ、企業の繁栄をめざそうとする中小企業家であれば誰でも入会できます。

会の財政は入会金、会費を中心とした会員からの収入で成立っています。

政治にたいする同友会の姿勢は、会の目的を達成するために、どの政党ともわけへだてなく接触しますが、会としては特定の政党と特別な関係をもたないようにします。会員個人の思想・信条の自由は当然のこととして保障されています。
 
東京中小企業家同友会のご案内へ